« 「プライスコレクションー若冲と江戸絵画」の報告 | トップページ | ちょっとお知らせ »

『言葉からうまれる絵』の報告

 2006年11月26日(日曜日) 

場所:山科身体障害者福祉会館
講師 白井翔
 
 今回のワークショップ「言葉から生まれる絵」は、私(白井翔)がミュージアムアクセスビューで美術館展覧会などを言葉による鑑賞をしてきましたが参加者(私を含めて)心のキャンバスにどのような映像を写し、描いているのか気になりアクセスビューのあべさんに提案のメールを送ったのがきっかけでした。
以下その提案のメール本文です。

「昨日の展覧会はなかなかわたしを受け入れてくれない作品で唯一かんのんさんの作品と動物たちの天国の楽園の作品のみ絵の世界に入れることができたように思います。
 さて、今後のアクセスビューのワークショップでの提案がありまして書いてみます。
昨日も沢山の視覚障害の人たちが作品を鑑賞しました。
その視覚障害者それぞれ頭、心の中には別々の作品のイメージが浮かび上がっていると思います。
その描いている作品を実際にキャンバスに書いてみるのも面白そうだと思います。例えば何か面白そうな写真や作品を数枚用意してイメージを膨らませたあとに実際にキャンバスに描いて見ましょう。という方法でするのが1番やりやすそうだなあと思います。
じつは昨日伝えたいと思っていたのですがお話しできる機会がなかったので残念です。」


 初めてアクセスビューで前に出て話すのは、知っている人も多く、しょうしょう緊張気味でした。
しかし、ワークショップが始まり少し立ってから緊張がとけ、いつものミュージアムアクセスビューの雰囲気と自分を表現するカラーになったと思います。

前で話していますといつものワークショップとかなり違う側面が見えてきました。参加者それぞれいろいろな言葉や表現をしています。
特に心に残っている参加者は山川さんです。
私の前でばんばんつくえをたたいていると思ったら自分の世界に入り込んでいるようでした。そして遠藤さんと田中さんのグループは対話型鑑賞のときからアイマスクをはずさずに制作のときもアイマスクをして作品を作っているという私を驚かせる表現をしていました。遠藤さんは少し見えるようです。光島さんはオイルパステルを使用して描いていました。白坂さんはかなり悩んで描いていたとおもいます。
前にいて参加者の皆さんを見ていますとサポーターに無理難題を言っているなあと感じ、私も参加者のときはこのように言っているんだなあと初めて感じることができたのです。

ワークショップが終了しそれぞれの作品を見せて頂きました。特に印象に残っている作品を二つ上げます。

山川さんはモデリングペーストを使用し、紙粘土などを多く取り入れて作品づくりをしていました。心に描いた作品は現代ブラジル展のアニマルです。あの毒々しい、食事のときに見ると多分気持ちが悪くなるような作品からは、手で触って創造できないふわふわし、モデリングペーストとよくあっているような作品だったと思います。
遠藤さんは毛糸、私が持ってきましたどんぐりを使って作品を制作。心のキャンバスに創造した作品は犬の絵。お腹の胎児を創造。アイマスクをしていたのに本当に面白い作品ができていてびっくりしたのとなにやら作品の絵をコピーした一部を切り抜いたものも使っており、遠藤さんと田中さんのアレンジは良かったように思います。

写真&詳しい内容はこちら

« 「プライスコレクションー若冲と江戸絵画」の報告 | トップページ | ちょっとお知らせ »

ワークショップ報告」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

最近の記事

無料ブログはココログ